三大ED治療薬バイアグラ・レビトラ・シアリスを調査!

シアリス

どんな薬?

シアリスは2003年にアメリカのイーライリリー・アンド・カンパニーから発売され、2007年に日本で認可された一番新しいタイプのED治療薬です。
バイアグラ、レビトラとは成分が大きく違い、長時間効果がジワジワと効く特徴のある薬です。

効果持続時間が長いから、強い薬というわけではなく、長時間マイルドに効きますので、より自然な勃起であったり、バイアグラやレビトラで見られる赤ら顔になりにくいため、多くのクリニックではバイアグラやレビトラで顔のほてりが気になる方や軽度のEDの方に処方しているようです。

シアリスの効果

シアリスの勃起不全への効果はバイアグラやレビトラと同様で、勃起を妨げる酵素「5型ホスホジエステラーゼ」の働きを阻害するというもの。(勃起のメカニズムと5型ホスホジエステラーゼについてはバイアグラのページで説明しています)
バイアグラ・レビトラ・シアリスの違いは配合されている有効成分の違いで、勃起不全への作用の仕方は同じですが、それぞれ成分が違いますので、色々試してみてみるのが一番ということですね。

ちなみにシアリスの有効成分は「タダラフィル」という物質です。
この有効成分の違いがもたらすのは、効果の持続時間の違いと食事の影響を受けるか否かというところ。
実際、バイアグラが食事の影響を大きく受けるのに対して、レビトラとシアリスは食事の影響が少ないとされています。

では、シアリスの効果の持続時間について詳しくご説明していきましょう。

シアリスの効果時間について

シアリスの一番の特徴はなんといっても、効果の持続時間が他のED治療薬に比べ格段に長いというところ。
バイアグラが5時間~6時間、レビトラが5時間~10時間なのに対して、シアリスは24〜36時間という驚異的な効果持続時間を誇っているのです。
この持続力から、欧米諸国ではシアリスのことを「ウィークエンドピル」と呼んでいるほど。金曜の夜に服用すれば、日曜の朝まで効果が持続するので、1錠で週末を乗り切ることができるというところからこう呼ばれるようになったみたいですね。

もちろん「効果が長い=勃起しっぱなし?」というワケではありません。シアリスもバイアグラやレビトラ同様、勃起するためには性的な刺激が必要不可欠。効果が持続している間に性的な刺激を与えれば勃起しますし、刺激を与えなければ勃起しません。

また、食事の影響も受け難いので、あっさりとした軽めのお食事でしたら食事後に服用することも可能です。
では、どの程度のお食事であれば食事の影響を受けないとされているのでしょう?
メーカー発表では800kcalとされています。では、この800kcalとはどのくらいの食べ物なのか?
ビッグマックが556kcal、吉野家の牛丼並が674kcal、大盛が849kcal、松屋の豚バラ焼肉定食が793kcal、長崎ちゃんぽんが632kcalです。目安にしてみて下さい。

ただし、過度なアルコールの摂取は控えた方が無難ですね。アルコールの成分は薬の効果を下げるだけでなく、EDの原因となるものなので、EDにお悩みの方は薬を服用しているからということ以前に、なるべく過剰な摂取を避けるようにした方が懸命といえるでしょう。

シアリスの効果&概要まとめ

服用時間 性交渉の約2時間前
効果の持続時間 約24時間〜36時間
1錠あたりの価格 10mg/1700円 20mg/2000円(クリニック処方の場合)
販売元 日本新薬
メリット バイアグラやレビトラより効果時間が長い。顔のほてり等が少ないのでより自然な作用。
デメリット バイアグラやレビトラより若干価格が高く、効果がマイルド。

効果・持続時間比較

HOME » 効果・持続時間比較 » シアリス
ED治療薬比較!バイアグラ・レビトラ・シアリスの違いって?