三大ED治療薬バイアグラ・レビトラ・シアリスを調査!

効果・持続時間比較

三大ED治療薬の効果と持続時間を徹底検証!

「どの薬が一番効果が高いのか?」「どの薬が副作用が少ないのか?」
実はそれには個人差があるのです。
バイアグラが一番効く人、またはレビトラやシアリスが一番効く人、様々です。
副作用についても顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまり、にも個人差がる薬なので一番良いのは自分自信で飲み比べてみるのがいいのです。
飲み比べた結果、この薬は効果が強すぎるからマイルドなこっちの薬がいいとか、副作用である顔のほてりについても、ほてりが強くないと効いている気がしないという理由で副作用の少ない薬を避ける人もいます。錠剤の大きさも一番小さいレビトラが飲みやすいという理由でレビトラを選択する人、いつも割って飲むから錠剤そのものは大きい方が割り易いからバイアグラやシアリスを選ぶ人と様々です。
要は人によって選択基準が違うので3剤とも飲み比べることが大事なのではないでしょうか?
ではなぜ違いがあるのか?
これは、配合されている有効成分の違いから起こるものです。
では、それぞれにどのような違いがあって、どのように作用するのかを詳しくご紹介していきたいと思います。

バイアグラ

バイアグラの効果持続時間は「5〜6時間」

この効果持続時間を長いと感じるか、短いと感じるかはその人次第といったところですが、バイアグラの持続時間はこんな感じです。
性交渉の1時間前に服用することがベストと言われていますが、効果が出始める時間は個人よって開きがあるようですね。
また、バイアグラの欠点は「食事のタイミング」によって効果の出る時間が大きく左右されてしまうというところ。
空腹時の服用により最も効果を引き出せます。逆に食事直後の服用は効果を感じにくいという特徴があります。
そして、もうひとつ他に2剤にも共通して言えることなのですが「酒を飲み過ぎると効力がほとんどなくなってしまう」という欠点もありますので注意が必要です。

服用時間 性交渉の1時間前
効果の出始める時間 服用から30分程度
効果の持続時間 5~6時間

>もっと詳しく

レビトラ

レビトラの効果持続時間は「5〜10時間」

持続時間はバイアグラよりは若干長めですね。
なぜ、ここまで効果時間に開きがあるのかというと、それは服用する錠剤の有効成分の量で持続時間が変化するためです。
現在、日本で処方されているレビトラの種類は5mgと10mgと20mgの3種類あり、10mgで約5〜6時間、20mgで約10時間の効果持続時間が期待できるといわれています。
「1回の服用で持続時間を長くしたい」という人にはバイアグラよりレビトラの方が向いているのかもしれませんね。
もう一つの特徴として、標準的な食事の影響を受けにくいという点があげられます。
この標準的な食事の影響については下の「もっと詳しく」にて詳しくご説明していきます。

服用時間 性交渉の1時間前
効果の出始める時間 服用から20分程度
効果の持続時間 5~10時間

>もっと詳しく

シアリス

シアリスの効果持続時間は「24〜36時間」!

バイアグラやレビトラと比べると圧倒的に長い持続時間を誇ります。
金曜の夜服用すれば日曜の朝まで持続することから、「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。
また、このシアリスはレビトラ以上に食事の影響を受けないといった利点もあるのです。
日本で処方されているシアリスの種類はレビトラと同様、5mgと10mgと20mgの3種類あり10mgで24〜30時間、20mg30〜36時間、効果が期待できます。

持続時間が長いことが大きな特徴ですが、その分バイアグラやレビトラと比べると勃起力(硬さ)がマイルドでジワジワと効きます。800Kcalまでは、食事の影響も受けないないという研究結果がありますが、長い時間効く分、効き始めるまでに2時間近くかかる人もいますので、早めの空腹時に服用することが確実に効果を引き出すポイントです。
バイアグラとレビトラとは有効成分が大きく違いますので、一度試されてみるといいかもしれません。

服用時間 性交渉の2時間前
効果の出始める時間 服用から1時間程度
効果の持続時間 24〜36時間

>もっと詳しく

コンテンツ一覧

バイアグラ
バイアグラの効果や効果持続時間などを詳しくご紹介します。
レビトラ
レビトラの効果や効果の持続時間などをご紹介します。
 
シアリス
シアリスの効果や効果持続時間を詳しくご紹介します。
 
HOME » 効果・持続時間比較
ED治療薬比較!バイアグラ・レビトラ・シアリスの違いって?